特集:新説 宇宙の起源
超弦理論が明かす宇宙の起源

中島林彦(編集部)
協力:西村 淳(高エネルギー加速器研究機構)
201411

日経サイエンス 2014年11月号

11ページ
( 2.2MB )
コンテンツ価格: 700



 万物を説明する究極理論の有力候補,「超弦理論」によれば,重力を伝える重力子をも含む全素粒子は極微の弦であり,弦の振動パターンの違いが素粒子の種類に対応する。そしてこの宇宙は9次元空間とフェルミオン次元と呼ばれる奇妙な次元からなる「超空間」であると説く。この超空間における弦の振る舞いを数値シミュレーションで厳密に再現したところ,最初,弦が存在する9次元空間は極小サイズに縮まっていたが,ある時を境に,9次元のうちの3次元だけが急速に広がり始めた。これは私たちが認識する3次元宇宙の誕生を示唆する。