プライバシーをどう考えるべきか

J. ラニアー(マイクロソフトリサーチ)
201411

日経サイエンス 2014年11月号

8ページ
( 827KB )
コンテンツ価格: 611

 米国家安全保障局(NSA)による個人情報収集を前職員のスノーデン氏が暴露し,NSAの手口が大問題になった。フェイスブックなどのソーシャルメディアを利用する際に自分のプライバシーを守るのはけっこう難しいし,テロ捜査など公共の利益を優先するなら個人はプライバシーを諦める必要があるとの見方もある。しかし,そうだろうか? IT論客として知られる著者ラニアーは「プライバシーについて現代のネット時代にいる私たちがどんな選択をするかが,今後数十年にわたって重大な影響を持つ。全員に単一の倫理を押しつけるのではなく,各人が様々なレベルのプライバシーを選択できるようにすべきだ」と説く。