特集:後天的な天才
電気刺激で脳を改造

M. ビクソン(ニューヨーク市立大学)
P. トシェフ(コンサルタント)
201502

日経サイエンス 2015年2月号

6ページ
( 1.3MB )
コンテンツ価格: 611

頭皮に弱い電流を流して脳内の信号を変える経頭蓋直流電気刺激(tDCS)という手法がある。脳は神経細胞(ニューロン)が電気的な信号を交わして働いているが,ここに電気を流すことで脳内の信号を調整する。片頭痛やうつ病などで薬剤による治療がうまくいかないケースについて,tDCSによる治療が役立つ可能性がある。また,この装置を使って頭の働きを良くする実験も行われている。技術は開発途上だが,適切な電流の流し方が確立し安全性も確認できれば,この方法は脳の病気や精神疾患の治療に広く使われることになるだろう。