人力ヘリを飛ばした現代のライト兄弟

D. ヌーナン(フリーランスライター)
201502

日経サイエンス 2015年2月号

6ページ
( 2.4MB )
コンテンツ価格: 611

人力で駆動するヘリコプターを1分間浮揚させた人に贈る「シコルスキー賞」を米国ヘリコプター協会が創設したのは1980年。以来,数々の航空機設計の専門家たちがこの目標に挑んでは失敗し,「そんな人力ヘリは現実的に不可能である」とする論文まで発表された。それでも挑戦者が現れた。2人の若きカナダ人技術者,トッド・ライヘルトとキャメロン・ロバートソンは限られた駆動力を補うためにあらゆる常識を見直して,ついに2013年に同賞を獲得した。成功の原動力となったのは,ライト兄弟に通じる情熱と,科学に裏づけられた試行錯誤だ。成らぬは人の為さぬなりけり──と悲壮に構えなくても,挑戦できることはまだ多く残っている。