体のあちこちで働く
末梢時計

K. C. スンマ
F. W. テュレック(ともにノースウェスタン大学)
201505

日経サイエンス 2015年5月号

6ページ
( 957KB )
コンテンツ価格: 600

 多くの生物は1日24時間の概日リズムに従っている。脳の「視交叉上核」にある生物時計が多くのプロセスを調節していることが知られているが,ここ数年で,肝臓や膵臓などの組織にも局所的な時計が見つかった。食事や睡眠のタイミングがいつも不適切だと,これらの末梢時計が脳の親時計とずれてしまい,肥満や糖尿病,うつ病などの疾患にかかりやすくなる──そうした関連を示す研究結果が増えている。