食物連鎖を生かす
中国の巨大水産養殖

E. バンス(サイエンスライター)
201507

日経サイエンス 2015年7月号

8ページ
( 2.2MB )
コンテンツ価格: 611

 世界最大の魚介類産出国である中国は最大の消費国でもあり,中国が水産養殖事業を革新して海洋での漁獲量を減らせるかどうかが世界の漁場の存亡を決める。経済成長に伴いシーフード需要が高まるなか,新手法に基づく大規模事業が始まった。多数の生物種が排出物を互いにリサイクルするようにして,汚染を抑え生産性を高める。水質問題が深刻化した大小の淡水養魚場についても,同様の試みが進んでいる。