特集:クォークの世界
「クォークの海」を探る

中島林彦(編集部)
協力:柴田利明(東京工業大学)
201508

日経サイエンス 2015年8月号

6ページ
( 1.4MB )
コンテンツ価格: 611

原子核を構成する核子(陽子と中性子)はクォーク3つからなるとされるが,実際には膨大な数のクォークと反クォークに満ちあふれた海のようなものだ。いずれもカラー(色荷)という物理量を持ち,それが生み出す「強い力」によって結ばれている。クォークの海のダイナミズムは,強い力を記述する量子色力学(QCD)によっている。QCDの方程式は簡潔だが解くのが非常に難しい。そのためクォークの海の組成やスピンという物理量について,わからない部分が多く,日本も加わった国際共同実験によって解明が進んでいる。