アルツハイマー病予防への挑戦

G. スティックス(SCIENTIFIC AMERICAN 編集部)
pdf_noimage.jpg

日経サイエンス 2015年9月号

8ページ
( 3.5MB )
コンテンツ価格: 611

脳細胞が破壊されて記憶力が次第に低下し,身体機能も衰えていくアルツハイマー病。根本的な治療薬がない難病として知られるが,希望の光が見えてきた。コロンビアの神経科医がほぼ確実に遺伝性のアルツハイマー病を発症する家族集団を発見した。革新的な臨床試験の対象として最適とされ,この家族たちは国際的な新薬開発計画に協力している。成功すれば,発症を予防する新薬が実現する可能性がある。