特集:一般相対論100年
タイムトラベルを考える意味

T. フォルジャー(サイエンスライター)
201512

日経サイエンス 2015年12月号

7ページ
( 3.0MB )
コンテンツ価格: 611

相対論によると,非常な高速で移動すると未来に行ける。では過去への旅は? 難しいものの,時空のなかで「時間的閉曲線」をたどると過去に行くことが理論上は可能だ。そうした閉曲線の一例が「ワームホール」なのだが,一般相対論が許しても,別の理由によってその存在が禁じられている可能性もある。この問題を追究すると,宇宙自体の本質が見えてくるだろう。