史上最強の侵略種
ホモ・サピエンス

C. W. マリーン(アリゾナ州立大学)
201601

日経サイエンス 2016年1月号

8ページ
( 1.7MB )
コンテンツ価格: 600

 私たちホモ・サピエンスの一部は 7 万年前よりも後の時期 に,アフリカを離れて地球全体に広がった。彼らに遭遇した 旧人類は絶滅し,また膨大な数の動物も同じ運命をたどった。 なぜ現生人類だけが地球各地に居住地を広げ,支配すること ができたのだろうか。様々な仮説が提唱され議論が続いてき たが,著者は新しいシナリオを考案した。それは社会的行動 が進化し,血縁関係のない者どうしが協力しようとする遺伝 子にコードされた傾向にある。発達した認知能力と結びつき, 新しい環境にも適応できるようになったうえ,イノベーショ ンによって高度な投射武器を誕生させたという。私たちの祖先は世界を従わせる準備を整え,アフリカから旅だった。