国際X線天文台
ASTRO-H 宇宙へ

中島林彦(編集部)
協力:高橋忠幸(宇宙航空研究開発機構)
201602

日経サイエンス 2016年2月号

4ページ
( 2.6MB )
コンテンツ価格: 500



世界の天文学者が長らく待ち望んでいた日本のX線天文衛星ASTRO-Hの打ち上げが間近に迫った。総重量2.7トン,打ち上げ時の衛星の全長は約8m,軌道上での観測時の全長は約14mと日本の天文衛星としては最大規模。銀河団の進化や巨大ブラックホールが銀河・銀河団に与える影響の研究,ブラックホールによる一般相対性理論の検証などが大きく進展しそうだ。X線天文学は新たな時代を迎えることになる。