特集:惑星研究最前線
太陽系にもスーパーアース?
惑星Xを探せ

M. D. レモニック(サイエンスライター)
201604

日経サイエンス 2016年4月号

8ページ
( 3.9MB )
コンテンツ価格: 611

太陽系の外縁部には,変わった軌道で太陽を公転する氷の天体がいくつかある。「近日点引数」という軌道要素がほぼ等しく,単なる偶然でそろったとは考えにくいのだ。このことから,一部の科学者は太陽系にまだ知られていない惑星Xが存在して,それが及ぼす重力によってこれら小天体の軌道が調整された可能性があると考えている。1つあるいは複数の「スーパーアース」(質量が地球の10倍程度までの惑星)が海王星のはるか外側の軌道を周回しているという仮説で,これを裏づける証拠があるという。そうした惑星Xがあったとしても,遠く暗すぎるため既存の望遠鏡ではとらえられないだろうが,将来できる観測施設なら可能かもしれない。