J-PARCで中性子を探る

中島林彦(編集部)
協力:三島賢二(高エネルギー加速器研究機構)
201606

日経サイエンス 2016年6月号

6ページ
( 3.2MB )
コンテンツ価格: 611

中性子は原子核内部では安定だが,原子核から飛び出て自由中性子になると約15分でベータ崩壊を起こして陽子に変わる。この自由中性子の寿命を,これまでと異なる手法で精密に測定する実験が茨城県東海村にある大強度陽子加速器施設J-PARCで進んでいる。米仏で行われた精密測定の実験結果は誤差幅を大きく超える食い違いが生じており,J-PARCの実験でどのような結果が出るのか注目されている。