特集:暗黒エネルギー
すばるが見つめるダークサイド

中島林彦(編集部)
協力:宮崎 聡(国立天文台)
201607

日経サイエンス 2016年7月号

2ページ
( 1.2MB )
コンテンツ価格: 407

 宇宙の加速膨張をもたらす暗黒エネルギーの正体解明を目指し,2つの国際共同プロジェクトによる広域宇宙観測が熱を帯びている。米国を中心とする「暗黒エネルギーサーベイ」と,日本などによる「HSC銀河サーベイ」だ。観測は暗黒エネルギーサーベイが先行しているが,HSC銀河サーベイはより高性能なカメラによる高精度の観測で,暗黒エネルギーの物理特性に迫る。HSC銀河サーベイには国立天文台のほか東京大学,東北大学など20を超える国内機関と米プリンストン大学,台湾などから合わせて約200人の研究者が加わる。HSCはハワイ島にある口径約8mの「すばる望遠鏡」の最新鋭の超広視野カメラHSC(Hyper Suprime-Cam)のことだ。