特集:人新世を考える
人類を追い詰める格差社会

A. ディートン(プリンストン大学)
201612

日経サイエンス 2016年12月号

6ページ
( 3.5MB )
コンテンツ価格: 611

 ここ数十年,多くの国で貧富の差が拡大してきた。所得の差すなわち社会悪ではないが,少数の人々が政治や経済のルールを自分たちが有利になるように変えると,技術革新と経済成長が阻害される。消費・貧困・福祉に関する分析でノーベル経済学賞を受賞した著者は,この問題に対処しなければ社会がさらなる繁栄を達成する見込みは薄いと指摘する。