特集:人新世を考える
知りえない未来

K. S. ロビンソン(SF作家)
201701

日経サイエンス 2017年1月号

6ページ
( 1.2MB )
コンテンツ価格: 600

 私たちはみな,未来に関心がある。だが一流のSF作家でも未来予測に特に秀でているわけではなく,未来は結局のところ不可知だ。近年の傾向を延長して予測を試みる例が多いものの,社会や技術が一定の速度で変化することはまれで,他の予測手法も同様に失敗する定めにある。では,未来予測に何の意味があるのか? SF作家はそれを知っている。予測を通じて,いま現在の人々の思考や先入観が明らかになる。