エルニーニョを追跡する

E. ベッカー(米海洋大気庁)
201702

日経サイエンス 2017年2月号

9ページ
( 6.5MB )
コンテンツ価格: 600

 エルニーニョが発生すると日本は暖冬・冷夏になるといわれる。太平洋の向こうでは,米国西海岸の冬は湿潤に,米国東北部は暖冬になるとされる。そうした傾向は確かなのだが,実際の天候パターンは必ずしも一貫しない。例えば2015年から2016年にかけてのエルニーニョは観測史上で3本の指に入る強さだったが,カリフォルニア州南部に見込まれた大雨が降らず,干ばつ緩和は期待はずれに終わった。このエルニーニョ発生から終息までの推移を詳しく追跡すると,各地域の天気への影響を予測するのが一筋縄ではいかない理由が見えてくる。海洋と大気は複雑に相互作用しており,地球温暖化などが影響を及ぼしている可能性もある。