特集:スターショット計画
亜光速でアルファ・ケンタウリへ

A. フィンクベイナー(サイエンスライター)
201705

日経サイエンス 2017年5月号

9ページ
( 3.4MB )
コンテンツ価格: 611

 シリコンバレーの大富豪ユーリ・ミルナーの資金援助によって,太陽系に最も近い隣の恒星アルファ・ケンタウリ(ケンタウルス座アルファ星)に“宇宙船“を送り込む「ブレークスルー・スターショット」という計画が持ち上がっている。小さなコンピューターチップに“ライトセイル”という帆をつけ,これに地上から強力なレーザー光を当てることによって光速の20%に加速する。4.73光年離れた星に20年かけて到達したら,写真撮影などの観測結果を地球に送り返す。物理学者のホーキングらビッグネームも顧問に名を連ねるこの計画,本当に実現するのだろうか? 多くの専門家は見込み薄とみるが,実にエキサイティングな構想であることは事実だ。