特集:スターショット計画
日本の宇宙ヨット「イカロス」

中島林彦(編集部)
協力:森 治(宇宙航空研究開発機構)
201705

日経サイエンス 2017年5月号

5ページ
( 1.4MB )
コンテンツ価格: 509

 強力なレーザー光を帆に受けて推進する超小型宇宙船でアルファ・ケンタウリ恒星系を目指すブレークスルー・スターショット計画。巨額の費用が調達できて開発も順調に進んだとして,宇宙に飛び立つのは2040年代半ばになるが,その手本となる宇宙船がすでに2010年に地球を出発し,はるか彼方の惑星間空間を現在も加速を続けつつ航行している。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が建造した宇宙ヨット「イカロス」だ。イカロスはブレークスルー・スターショット計画の技術開発のいわば出発点になる。一方,JAXAはイカロスの航海で得た知見をもとに,木星と同じ軌道を公転するトロヤ群小惑星を探査する宇宙ヨットの開発を進めている。