特集:インフレーション理論の現在
インフレーション理論は盤石か?

A. アイジャス
P. J. スタインハート(ともにプリンストン大学)
A. ローブ(ハーバード大学)
201706

日経サイエンス 2017年6月号

10ページ
( 2.6MB )
コンテンツ価格: 700

宇宙最古の光である宇宙マイクロ波背景放射(CMB)に関する最新の観測結果は,宇宙初期に空間が指数関数的に膨張したとするインフレーション理論に疑問を投げかけている。インフレーションは観測された背景放射の温度揺らぎのパターンを再現できるものの,異なるパターンも作り出せる。インフレーション理論は,モデルを変えることによってほぼどのような結末にも行き着くことができるのだ。また,インフレーションによって原始重力波が生成されるはずだが,それはまだ見つかっていない。最新の観測データは,宇宙物理学者にインフレーション理論の枠組みを見直すとともに宇宙の始まりに関する新たなアイデアを検討することを求めている。