フロントランナー 挑む
第73回 鉄道に超電導革命を リニアの次は送電線:富田優

編集部
201710

日経サイエンス 2017年10月号

4ページ
( 2.0MB )
コンテンツ価格: 500

電気を無駄なく送る鉄道用超電導ケーブルを開発した
営業路線で車両の走行試験に世界で初めて成功
徹底した実験と検証で研究の実用化を目指す


 新幹線や蓄電池電車,早期地震防災システムなど数々の技術を手がけてきた鉄道総合技術研究所(鉄道総研)に今,世界の鉄道関係者が注目する新技術がある。冷やすと電気抵抗がゼロになる超電導現象を応用し,電気を車両に安定供給する超電導ケーブルシステムだ。発案したのは研究開発推進部担当部長の富田優。材料の研究からシステムの設計・実用化まで陣頭指揮を執る。2015年には実際の営業路線に設置し車両の走行試験に世界で初めて成功。2020年代前半の実用化を目指し,本格的な試験に入る。(文中敬称略)