特集:日本海溝移動説
フィリピン海プレートの動きを探る

中島林彦(日本経済新聞)
協力:高橋雅紀(産業技術総合研究所)
201710

日経サイエンス 2017年10月号

5ページ
( 2.6MB )
コンテンツ価格: 500

 房総半島沖には陸側プレートと太平洋プレート,フィリピン海プレートが海溝とトラフを介して結びつく「三重会合点」がある。 三重会合点がフィリピン海プレートの動きによってどう変化するか模型を使って思考実験した結果,陸側プレートの東日本が乗る部分は,それ以外の地域とは独立して動かざるを得ないことがわかった。東日本のプレートの動きはフィリピン海プレートの動きに支配され,日本海溝は西方に移動し,東日本内陸の東西圧縮が生じる。