特集:マルチメッセンジャー天文学の幕開け
重力波の本命 連星中性子星合体を観測

中島林彦(日本経済新聞)
協力:田中貴浩(京都大学)
201801

日経サイエンス 2018年1月号

10ページ
( 3.3MB )
コンテンツ価格: 713

 コンパクトな超高密度の天体「中性子星」2つからなる連星が合体する様子が2017年8月,重力波によって初めて観測された。この連星合体の約2秒後,「ガンマ線バースト」というガンマ線の瞬間的な輝きが検知され,半日後には,可視光・赤外線で輝く新タイプの天体,「キロノヴァ」の出現が捉えられた。一連の現象は理論研究で予言され,観測が待望されていたもので,天文学や原子核物理学,重力理論,宇宙論に大きなインパクトを与える成果だ。