特集:暗黒物質の正体
宇宙に潜む原始ブラックホール

J. ガルシア=ベジード(スペイン・マドリード理論物理学研究所)
S. クレッセ(独アーヘン工科大学)
201805

日経サイエンス 2018年5月号

6ページ
( 2.8MB )
コンテンツ価格: 600

暗黒物質(ダークマター)は重力で銀河をまとめていると考えられる目に見えない物質だが,その正体は謎だ。多くの研究者が暗黒物質は「弱い力に似た相互作用をする重い粒子」(WIMP)だろうと考え,実験でそうした粒子を探してきたが,これまでのところ見つかっていない。もう1つの候補は宇宙誕生直後に生じたと考えられる「原始ブラックホール」だが,これもいまのところ検出されていない。今後,重力波検出器などの観測装置がとらえた新データから原始ブラックホールの証拠が出てくる可能性がある。存在が確かになった場合,暗黒物質の謎のほか,宇宙論の他の難題も解決する可能性がある。