特集:巨大ブラックホール 爆誕の謎
浮上した直接崩壊シナリオ

P. ナタラジャン(エール大学)
201810

日経サイエンス 2018年10月号

6ページ
( 3.8MB )
コンテンツ価格: 600

 誕生から10億年以内の宇宙に約10億太陽質量のブラックホールが存在していたことが観測から明らかになっている。従来のブラックホール形成シナリオ,つまり大質量星の死を出発点とするシナリオでは,観測されているような巨大ブラックホールを10億年よりも短期間に形成することは不可能だ。宇宙初期の巨大ブラックホールはどうやって形成されたのだろう。著者たちはブラックホール形成の新しいシナリオを提案している。巨大ブラックホールのタネが,星の誕生と死を経ずに,ガス円盤から直接形成されたというものだ。