特別リポート:変貌する感染症の脅威
気候変動で広がる人獣共通感染症

症 L. パーシュリー(ジャーナリスト)
201810

日経サイエンス 2018年10月号

8ページ
( 3.6MB )
コンテンツ価格: 611

 動物とヒトで同じ病気を引き起こす「人獣共通感染症」の拡大が,気候変動によって加速されることがわかってきた。アフリカで猛威を振るうリフトバレー熱は蚊が媒介するリフトウイルスが原因だが,病原体が発見された1931年以降,リフトバレー熱の爆発的な流行がエルニーニョ・南方振動のパターンと連動して発生している可能性が高い。気象と人間活動,動物と人間の相互作用を解明することでアウトブレイクを回避する方策が求められている。