フロントランナー 挑む
第92回 ロボット使う疑似体験 提唱から実用化へ:舘 暲

吉川和輝(日本経済新聞編集委員)
201906

日経サイエンス 2019年6月号

4ページ
( 1.4MB )
コンテンツ価格: 500

本人に代わりロボットが外出したり作業したりするテレイグジスタンス
1980年代に提唱したアイデアの実用化が視野に入ってきた
遠隔操作はもちろん,遠隔旅行や遠隔就労も夢ではないかもしれない

 ロボットが本人に代わって観光地を訪れたり,工場で作業に携わったりする。本人は別の場所にいながらロボットと一体化した感覚で操作するーー。テレイグジスタンス(遠隔存在)と呼ばれるこうした技術体系を1980年代に提唱したのが東京大学名誉教授の舘暲だ。この分野への企業参入も増えており,舘は時代が追いついてきたとの思いを強くしている。 (文中敬称略)