米国の進化論教育のいま

A. ピオーリ(ジャーナリスト)
201906

日経サイエンス 2019年6月号

8ページ
( 1.7MB )
コンテンツ価格: 600

 米国には宗教的信条から進化論を拒絶し,創造論やインテリジェント・デザイン説を信奉する人がいまだに少なくない。学校での進化論教育を禁じた州法は裁判で覆されたものの,そうした法廷闘争のしこりが残り,多くの教師は進化論の授業に消極的だ。生徒に進化論をオープンに受け入れてもらうには,科学か宗教かの二者択一を超えた教授法が必要だろう。現場の教師の間で広がる新たな取り組みを報告する。