特集:アポロから半世紀 人類,月へ
日本が挑む有人探査へのロードマップ

中島林彦(日本経済新聞)
協力:佐々木 宏
坂井真一郎(ともに宇宙航空研究開発機構)
秋元衆平(ispace)
201908

日経サイエンス 2019年8月号

6ページ
( 1.8MB )
コンテンツ価格: 611

 月を周回する宇宙ステーション「ゲートウェイ」を,日本や米国など国際共同で建設する計画が進んでいる。 米国は2024年,ゲートウェイを拠点に有人月着陸を実現する計画で,日本も2020年代末にも有人探査する構想がある。有人探査の準備のため,日本では2020年,月周回探査機を民間が打ち上げる。2021年度には官民がそれぞれ月着陸探査機を打ち上げる計画だ。