特集:恐竜 その姿と動き
実物化石が語る新たな恐竜像

内村直之(科学ジャーナリスト)
古田 彩(編集部)
201909

日経サイエンス 2019年9月号

6ページ
( 2.0MB )
コンテンツ価格: 611

 国立科学博物館(東京・上野公園)で7月から始まった特別展「恐竜博2019」は,注目の恐竜3つの実物化石を見ることができるまれな機会だ。今から50年前に恐竜についての見方を変えるきっかけとなったデイノニクス,40年以上謎のままだった不思議恐竜デイノケイルス,そして北海道でほぼ全身の化石が見つかりこのほど全身骨格が復元された「むかわ竜」である。

 この50年で,恐竜のイメージは鈍重な変温動物から俊敏な恒温動物へと大きく変わった。鳥との深いつながりも見えてきた。恐竜博の展示を通して,その変遷を振り返ってみよう。