フロントランナー 挑む
第95回 多言語の逐次翻訳完成 次は高精度の同時翻訳:隅田英一郎

吉川和輝(日本経済新聞編集委員)
201910

日経サイエンス 2019年10月号

4ページ
( 1.8MB )
コンテンツ価格: 509

日本の機械翻訳の研究開発をリードしてきた
観光客に人気の携帯型翻訳機の中核技術を開発した
グローバル時代に役立つ高精度な同時通訳技術の開発に取り組む

 外国客が大挙来日する東京五輪・パラリンピックまで約1年。外国人労働者の受け入れ拡大策もあり,様々な国々の人とのコミュニケーションの機会が増え,外国語を音声で自動翻訳するニーズは高まるばかりだ。情報通信研究機構(NICT)フェローの隅田英一郎は,日本の機械翻訳研究の第一人者。携帯型翻訳機や高性能のビジネス翻訳などグローバル時代の翻訳システム作りに邁進している。(文中敬称略)