特集:「天気の子」の空
雲研究者に聞く 映画に描かれた東京の異常気象

中島林彦(日本経済新聞)
協力:荒木健太郎(気象庁気象研究所)
201910

日経サイエンス 2019年10月号

10ページ
( 3.6MB )
コンテンツ価格: 713

 アニメーション監督,新海誠の新作『天気の子』で描かれるのは,未曾有の長雨という異常気象に見舞われた東京。新海監督は雲や雨,空の繊細な描写で定評があるが,今作では,雲研究者として知られる気象庁気象研究所の荒木健太郎博士が協力,気象にリアリティが増し,作品世界を支えている。異常気象は天災だが,地球温暖化の影響を考えれば人災でもある。『天気の子』は,この問題を私たちが我が身に引きつけて考える契機になる。