特集:BMIで拡張する身体
第3の腕を手に入れる

古田彩(編集部)
協力:西尾修一
平田雅之(ともに大阪大学)
201911

日経サイエンス 2019年11月号

4ページ
( 1.0MB )
コンテンツ価格: 509

 女性が両手で白い箱を持って,何かの作業をしている。そこへ左からプラスチックボトルが差し出された。すると黒いシャツを着たロボットの腕がすっと手を上げ,ボトルをつかんだ──。京都府にある国際電気通信基礎技術研究所(ATR)主幹研究員の西尾修一(現在は大阪大学特任教授)らの研究グループが開発したBMI(ブレイン・マシン・インターフェース)の実験風景だ。頭にかぶっているのは脳波の測定装置。ボトルを出されたときに「持ちたい」と念じると,そのときの脳波を装置で検出し,ロボットアームを動かすという。いわば「念じて操作する」ロボットアームだ。

 BMIのアームはこれまで主に,四肢麻痺などで腕の機能を失った人の義手として研究されてきた。手を動かす時に脳が出す信号を検出し,自分の腕にさせたい動作を人工のアームで代行する。だが西尾は「自分の腕の代わりではなく,両手を使える人が『第3の腕』として使えるものを作ってみよう」と思い立った。両手がふさがっているときに別の作業をやってくれる,いわば「お手伝いアーム」だ。