食欲の暴走を招く?超加工食品

E. R. シェル(ボストン大学)
202001

日経サイエンス 2020年1月号

8ページ
( 2.9MB )
コンテンツ価格: 611

 肥満の原因をめぐっては,脂肪や炭水化物など特定の栄養素に注目するなど,さまざまな説がある。まだ予備実験の段階ではあるが,最近,新しい仮説が登場した。特定の栄養素ではなく,食品の加工程度の違いに注目するものだ。調味料や人工甘味料などが加えられ,袋を開ければすぐに食べられるようになった「超加工食品」は,肉や卵,バターといった未加工食品よりも食べ過ぎを引き起こしやすいというのだ。