特集:エマージングテクノロジー
10の科学技術が世界を変える

SCIENTIFIC AMERICAN編集部
202002

日経サイエンス 2020年2月号

12ページ
( 1.5MB )
コンテンツ価格: 713

 SCIENTIFIC AMERICANが世界経済フォーラムの専門家グループと協力して選定した10件のイノベーションを紹介する。例えばコラボラティブ・テレプレゼンスという技術は,あなたを離れた場所へ仮想的にテレポートして,友達と握手をした感覚を実際に感じることを可能にするだろう。ほかにもある。人間と親密に付き合えるように設計されたロボット。食中毒の原因となった汚染食物の出所を数秒で特定するシステム。新装置に道を開く極小のメタレンズ。植物ゴミから作り出された丈夫な生分解性プラスチック。とてつもない量の情報を信頼性高くコンパクトに保存できるDNAベースのデータ記録システムーーなどいろいろだ。


1.循環経済を実現するバイオプラスチック  J. ガルシア・マルティネス(アリカンテ大学=スペイン)
2.ソーシャルロボット
  C. E. レイサン(アンスロ・トロニクス)/G. リン(ジョンズ・ホプキンズ大学/米国軍保健科学大学)
3.メタレンズ  A. モスカテッリ(Nature Nanotechnology誌)
4.天然変性タンパク質を創薬の標的に  E. オデイ(オラリス・セラピューティクス)
5.スマート肥料  J. カーベック(10EQS)
6.コラボラティブ・テレプレゼンス
  C. E. レイサン(アンスロ・トロニクス)/A. メイナード(アリゾナ州立大学)
7.高度な食品追跡と賢いパッケージ
  R. チャンドラワティ(豪ニューサウスウェールズ大学)/B. S. マイヤーソン(IBM)
8.より安全な原子力  M. フィシェッティ(SCIENTIFIC AMERICAN編集部)
9.DNAデータ貯蔵  S. Y. リー(KAIST=韓国)
10.再生可能電力の貯蔵  A. トンプソン(SCIENTIFIC AMERICAN編集部)