がん進化論にもとづく治療戦略

J. デグレゴリ(コロラド大学)
R. ゲートンビー(モフィットがんセンター)
202005

日経サイエンス 2020年5月号

6ページ
( 1.6MB )
コンテンツ価格: 611

 抗がん剤でがん細胞を徹底的に攻撃しても,薬の効かない細胞が生き残って再発し,むしろ悪化してしまう。このがんの進化を防ぐ新アプローチが登場した。抗がん剤の投与を最小限にとどめてあえてがん細胞を残し,耐性の進化を抑える。