特集:超巨大火山
鬼界カルデラを探る 海底溶岩ドーム発見

中島林彦(日本経済新聞)
協力:巽 好幸(神戸大学)
202006

日経サイエンス 2020年6月号

10ページ
( 2.7MB )
コンテンツ価格: 713

 日本列島ではここ約10万年で10回,超巨大噴火が起きた。直近は7300年前に九州南方の火山島で起きた鬼界カルデラ噴火で,火砕流が鹿児島県南部を襲って南九州の縄文文化が滅び,東北地方まで火山灰が降った。 近年,その超巨大噴火で海に没した火山の探査が進んでいる。マグマの大量放出で火山が陥没してできた巨大カルデラは二重リング構造をしており,中央部に世界最大規模の溶岩ドームが存在することがわかった。カルデラの地下構造は超巨大噴火のメカニズム解明のための重要情報になる。カルデラの斜面の掘削調査では過去2回の超巨大噴火の火砕流堆積物層が確認された。この火砕流で大津波が生じた可能性がある。