特集:科学の近代史 発見と過ちの175年
科学を語る言葉 テキスト解析が示す変遷

グラフィックスと文:M. ステファナー(デザイナー)
文:L. ダストン(独マックス・プランク科学史研究所)
キャプション: J. クリスチャンセン(SCIENTIFIC AMERICAN 編集部)
202101

日経サイエンス 2021年1月号

10ページ
( 5.6MB )
コンテンツ価格: 713

 SCIENTIFIC AMERICANは科学をどのように伝えてきたのか? 同誌編集部は創刊 175年周年を機に,これまでの総計5000号を超える20万ページ近い誌面に印刷された1億1029万2327語にのぼるテキストを専門家の協力を得て解析した。最も多く登場した単語群について各単語の使用頻度をグラフ化すると,科学が自らを語る仕方の変遷が浮かび上がる。