フロントランナー挑む 第113回 太陽系誕生の秘密に迫る異色の天文学者:河北秀世

小玉祥司(日本経済新聞編集委員)
202105

日経サイエンス 2021年5月号

4ページ
( 1.5MB )
コンテンツ価格: 509

メーカーの技術者から転身した異色の天文学者
分子を調べ彗星の誕生する場所を決めるなど世界的成果を連発
彗星と新星を研究することで太陽系誕生の謎に迫ろうとしている

 夜空に長い尾を引く彗星は,太陽系が誕生した頃の物質や環境を収めたタイムカプセルだ。京都産業大学教授の河北秀世は,そんな彗星に魅了され,情報工学の技術者から天文学の研究者へと転身した。学生とともに最先端の分光装置も開発。彗星だけでなく,新星(古典新星)にまで研究の対象を広げる。目指すのは太陽系誕生の秘密の解明だ。(文中敬称略)