特集:時空と情報
量子情報で解き明かす重力理論

中島林彦(日本経済新聞)
協力:大栗博司(東京大学
米カリフォルニア工科大学)
高柳 匡(京都大学)
202106

日経サイエンス 2021年6月号

10ページ
( 2.0MB )
コンテンツ価格: 713

 一般相対性理論と量子力学を統合する量子重力理論の研究が,量子情報理論との関係の深まりを受けて急進展している。「ブラックホールの情報パラドックス」の解決の糸口が見つかり,最も基本的な対称性が量子重力理論では破れていることが証明された。量子力学的な現象「量子もつれ(量子エンタングルメント)」の情報量である「エンタングルメント・エントロピー」が重要な役割を果たしている。