現地ルポ:暗黒物質探しの切り札 新XENON実験

C. モスコウィッツ(SCIENTIFIC AMERICAN 編集部)
202108

日経サイエンス 2021年8月号

8ページ
( 4.0MB )
コンテンツ価格: 611

 宇宙に遍在しているのに触ることも見ることもできない暗黒物質(ダークマター)を構成する粒子の検出を試みる実験が始まったのは1990年代だ。それ以降,暗黒物質の存在を裏づける証拠が積み重なる一方で,現物の形跡はまったく見つかっていない。このパターンを断つべく,長年の「XENON(ゼノン)実験」をグレードアップした新装置が昨年後半に運転を始めた。大型化によって検出可能性を高めるなど,数々の工夫を加えた。暗黒物質の探索は正念場だ。