鳥の追跡調査100年で見えてきたこと

K. ウォン(SCIENTIFIC AMERICAN 編集部)
202108

日経サイエンス 2021年8月号

6ページ
( 3.1MB )
コンテンツ価格: 611

 1920年,米国で連邦鳥類標識調査事務局が設立され,鳥の移動や分布を調べる組織的な調査が本格的に始まった。この組織が現在の米地質調査所・鳥類標識調査研究所となり,カナダの機関と協力して「北米鳥類標識調査プログラム」を運営している。これまでの100年間でデータが蓄積され,猛禽から水鳥,海鳥から鳴禽まで900種を超える鳥類について,隠されていた生態が明らかになっている。