科学ニュース丸わかり

よくわからない,背景はどうなっているの? 
話題の科学ニュースに関連した日経サイエンスの深掘り記事をワンセットでお安くお読みいただけます。

2015年ノーベル物理学賞:ニュートリノ振動の発見( 2015-10-06 )
2015年ノーベル物理学賞は「ニュートリノが質量を持つことを示すニュートリノ振動の発見」によって,東京大学宇宙線研究所教授の梶田隆章(かじた・たかあき,56歳)氏と,カナダ・クイーンズ大学名誉教授のA. B. マクドナルド(Arthur B. McDonald,72歳)氏に贈られる。

今回の受賞テーマがさらに理解できる記事を,受賞者本人による寄稿記事もふくめ,受賞記念価格で特別販売いたします。 ※ノーベル財団お薦め一般向け記事ニュートリノの質量の発見」,E. カーンズ/梶田隆章/戸塚洋二, 1999年10月号。【PDF復刻】ついに解けた太陽ニュートリノの謎」,A. B. マクドナルド/J. R. クライン/D. L. ウォーク, 2003年7月号
特集:謎の素粒子ニュートリノを追う 1
ニュートリノの質量の発見

日経サイエンス
1999年10月号 / 072ページから
ついに解けた太陽ニュートリノの謎
日経サイエンス
2003年7月号 / 052ページから
特集:ニュートリノ物理学
ニュートリノで探る物質の起源

日経サイエンス
2013年8月号 / 034ページから
特集:ニュートリノ物理学
CPの破れとマヨラナ

日経サイエンス
2013年8月号 / 044ページから
特集:ニュートリノ物理学
宇宙の歴史を見る

日経サイエンス
2013年8月号 / 053ページから